つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

梅雨に入って蒸し暑かったりしますが、

水分や栄養や休養をしっかり取ってバテないようにしましょう。

そう言えば本日の雨で「雨の日には雨の中を、風の日には風の中を」という相田みつをさんの言葉を思い出しました。

みつをさんは「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」とも言っています。

本日は幸せを感じるコツについて話してみようと思います。

引き寄せの法則、鏡の法則とは?

皆さんは数年前、「引き寄せの法則」とか「鏡の法則」等がちょっとしたブームになりましたがご存知ですか?

「引き寄せの法則」とは、楽しい事が起きて欲しいのなら楽しい事を考えていれば、それが実現しやすくなるというものです。

また「鏡の法則」とは、いい波動を発すれば似た波動を鏡のように返してくれる。

逆に自分や家族に良くない出来事が起こるのは、悪い波動を発しているから……というものです。

例えば同僚に「あいつは挨拶もしない!」と怒るのではなく、こちらから挨拶をしてみるのです。

すぐには変化は無いかもしれません。

しかし、おおらかな気持ちで根気強く続けてみて下さい。そのうちに相手も少しずつ変わってくるかも…

人の心は無理には変えられません。

まず自分から変わりましよう。

焦らず気長に待って下さい。

「北風と太陽」の太陽になってみるとよいと思います。

 

あなたの「口グセ」って何ですか?

自分のクセにはなかなか気づかないものです。

口グセも無意識に言っている場合が多いので、普段どんな事を言っているのかちょっと思い出して下さい。

「つまらないな」とか「ダメだなぁ〜」とか「疲れたなぁ〜」等と口にしていると、マイナスの運気が引き寄せられてしまいます。

では「今日は良い事ないかな〜」とか「幸せになりたい」とかの口グセ。

これはどうでしょう?

これも実はあまりいい言葉とは言えません。

何故なら、いい事が無い、幸せでは無いと認識しているという現実が根底にあるからです。

 

口グセの実践

ではどんな言葉がいいのでしょう?

「ついている」「嬉しい」「楽しい」「感謝しています」「しあわせ」「ありがとう」等がいいと言われています。

私が実践しているのは、例え悪い事が起こっても「この位で良かった。ついている。感謝します」と言うことです。

転んで怪我しても「この位の怪我で良かった」と口にするよう心掛けています。

でもただポジティブにイイことを口にすればよいという訳ではありません。

ある程度の努力は必要です。

努力した上でイイことを口グセにすることが大切なのです。

ポジティブ脳になってくると、身体の痛みも和らいできたりするみたいですよ。

 

おわりに

今日は何かイイことがありましたか?

何もなくったっていいんです。

そんな人は「何事も無く、無事に過ごせて良かった」と口にしてみて下さい。 

そのうちに、ちょっといい出来事があるかもしませんよ♪

きくよう整骨院も「行って良かった」と心から言って貰えるよう、これからも努力してまいります。

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP