つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

毎日暑い日が続いていますね。
汗もだらだらのかき、一日が終わる頃にはベトベトギトギトになることは当たり前の暑さです。
しかし、エアコンがとても効いている部屋に入ると寒いし、外に出れば嫌な暑さだし、身体も忙しいなぁと、他人事ではありませんが思ってしまいます。
暑いと寒いを繰り返し行うということは体温調節機能が働く必要がありますよね。
しかし、最近では体温調節機能が低下している人がとても多くいるような気もします。

〈体温調節機能の大切さ〉

私たちの体は暑ければ、体内の熱を外に出し熱がこもらないようにしているので発汗します。
寒いと今度は体の中にエネルギーを溜め込み熱を逃がさないようにします。
よく、夏は暑がりだけど冬は冷え性という人がいますが、体温調節機能が乱れていることが考えられます。
この体温調節機能が乱れ、熱の放出ができずに体内に熱がこもってしまうことで熱中症になってしまうのです。
また、冷え性の原因にも大きく関係しています。
実は高齢に近づくにつれてこの機能は低下していってしまいます。
お年寄りの方が熱中症にかかりやすく命を落としてしまうこともこれが理由の一つと言えます。

〈体温調節機能の低下にはストレッチが効く〉
体温調節機能を改善するには軽い運動を続けることが効果的です。
また、体温調節機能の低下には自律神経の乱れが関係しているので、自律神経が整うような軽い運動が必要です。
そこで誰もがしたことはあるであろう「ストレッチ」です。
ウォーキングやヨガなどももちろん効果的ですが、ストレッチは高齢者の方からお子様まで無理することなく行うことが出来ます。
また、日中は日差しも強く、なかなか外出できない方は室内で軽いストレッチが行いやすいかと思います。

〈首や肩を重点的にしましょう〉

自律神経とは首に大きく関係しています。
首がこりやすい人や姿勢が悪く疲れやすい人などは自律神経の乱れが頻繁にあることが多いのです。
胸鎖乳突筋という首の筋肉があります。
その筋肉を引っ張るような感じで首を伸ばしてみたり、首も肩も軽く回すだけでも強ばった筋肉を緩めることが出来ます。
自分にあったらストレッチを見つけて無理のない程度に行いましょう。

ストレッチの他にもエアコンを使わない時間を作ったり食生活に気を配ることなどもとても大切なことです。
ライフスタイルを見直しながら上手にストレッチを生活の中にとり入れて、健康な体を目指しましょう。

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP