つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

 皆さん、冷え症と聞いてまず思い浮かべる症状はどんなものがありますか?冷え症と言えば、冬に手先足先が冷えてしまうと考えた方も多いと思います。しかし!それだけではありません!冬だけじゃない、夏の冷え症もあるのです。

冷え症の原因

 では何が冷え症を起こしてしまう原因になってしまうのでしょうか、血行不良、運動不足・・・様々な原因から冷え症は起こってきます。中でも今回は自律神経、食べ物に注目したいと思います。

 

自律神経の乱れ

 今の時代、皆さんストレスをため込みすぎてはいませんか?極度のストレスは自律神経を乱してしまい、最大の原因である血行不良を招き、代謝が悪くなってしまい、体温調節が効かなくなってしまいます。夏場などは特にエアコンが効いている部屋にいることが多いです。その部屋から出る先の温度との差が身体にとってかなりのストレスになってしまうのです。エアコンの温度も冷やしすぎないことと、長時間エアコンの中にいることも控えるようにしましょう。

身体を冷やす食べ物

夏はアイスや冷たい飲み物を余計に取りたくなりますよね。もちろんそういった冷たい物も身体を冷やす原因になってしまいます。

ですが、冷たくない食べ物でも身体を冷やしてしまう物もあるのです。

冷やす食べ物の特徴として、夏が旬、南国育ち、地上で育つ、寒色系、水分が多いことがあげられます。

キュウリ、レタス、キャベツ、ナス、ホウレンソウ、小松菜、タケノコ、梨、スイカ、メロン、パイナップル、アサリ

逆に身体を温める食べ物の特徴として、冬が旬、寒冷地で育つ、地中で育つ、水分が少ない、発酵食品などがあげられます。

ニンジン、ジャガイモ、カボチャ、タマネギ、レンコン、ゴボウ、自然薯、玄米、鮭、納豆、キムチ

どうでしょうか、身体を冷やす食べ物を意外と食べすぎてはいませんか?今年の夏は身体を温める食べ物を食べて、お腹を冷やさないようにして、暑さに負けない身体を作りましょう!!

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP