つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

皆さんは野球、好きですか?

最近、アメリカの大リーグでも大活躍の二刀流、大谷翔平選手の話題で持ちきりです。

投手としても打者としても超一流、見ていてワクワクしますね。

そんな大谷選手の活躍には身体(特に肩甲骨)の柔らかさも関係していそうです。

先月TVで「ヨガでもやっているの?」と言ってしまう位肩甲骨を柔軟に動かしていました。

そう言えば、イチロー選手(コーチ)も身体が柔らかいイメージがありますね。

そこで今回は「肩甲骨」にスポットを当てて話してみようと思います。

 

肩甲骨の位置と働き

 

肩甲骨は背中の第2~8肋骨の高さにわたって存在する、逆三角形の手のひらくらいある扁平な骨です。

左右一対あり、肩と腕をつなぐ役割をしています。

主な働きは

①挙上→肩をすくめたり、重い物を持つ時の動作

②下制→挙げた肩を降ろす動作

③内転→引き出しを手前に引いたりする時の動作

④外転→パンチしたり、物を、前に押し出す時の動作

⑤上方回旋→腕を外側に回す時の動作

⑥下方回旋→挙げた腕を下げる時の動作

以上6つの動作が基本になります。

わかり易く言うと、肩甲骨を上下・左右・前後に動かすのが主な働きという事です。

 

肩甲骨まわりが硬くなる原因

まず若者で多いのが、猫背でスマートフォンやパソコンを見る時間が長いことです。

年配の方でも坐りっぱなしとか、長時間動かないでいると筋肉が硬くなってしまいます。

悪い姿勢でなくても同じ姿勢が長く続くと、身体が徐々にこわばってくるのです。

慢性的な肩凝りがある人は、肩甲骨の可動域が狭くなっている場合が多いようです。

慢性的になり凝りに慣れてしまうと、なかなか自分では気づきにくいものです。

肩凝りの自覚が無い人でも、他人から「凝っているね」の言われる人は要注意です!

 

肩甲骨を正しい状態に戻す方法

重度の方は「きくよう整骨院」へおいで下さい。

ここでは軽い方向けに自分で出来る方法を紹介します。

①背泳ぎをイメージして肩をゆっくり回す。

(クロールだと丸くなりやすいので、背泳ぎで軽く身体を反らす感じの方がイイと思います)

②両腕を水平にして肩甲骨を意識しながら、ゆっくりと腕全体を捻じる。

③背中でタオルの両端を持って上下に動かす。右側と左側を同じ位の回数、バランスよく動かして下さい。

④ボルダリングをやってみる。

先日TVで日本一(世界一でもある)の楢崎智亜選手を紹介していました。

肩甲骨の動き方の凄さと言ったら、ちょっと言葉になりません。

熊本県内にも、ちょっとしたボルダリング・ジムはあちこちで見掛けるようになりましたし、是非体験してみて下さい。

楽しみながら肩甲骨を動かすのにはもってこいだと思います。

 

おわりに

ボルダリングを勧めている私ですが、自分ではまだやったことがありません。

熊本市出身の石松大晟選手も日本のトップ3として頑張っているみたいなので、そのうち機会があったらやってみようと思います。

ただ私は体重がちょっとネックですが……

皆さんも決して無理せず、実践してみて下さい。

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP