つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

皆さんは、正しい運転姿勢をご存知ですか?

普段、何気なくしている運転姿勢が、腰痛や肩こり、骨盤の歪みを引き起こしているかもしれません。

今回は正しい運転姿勢についてお話しして行きます。

誤った運転姿勢

シートに浅く座る

 本来、綺麗なS字カーブによって頭の重さを分散していますが、その姿勢が崩れることによって、うまく分散できず、腰に負担がかかり腰痛を引き起こしています。

ハンドルとシートの距離

 遠すぎると肘が伸びきった状態、近すぎると自然と肩が上がり、不自然な力が入り、血行不良になり、これにより肩こりが起きています。

足の位置

 運転の際、ブレーキの下に足を構えている為、アクセルの時に、つま先を開き踏みます。これを運転中繰り返すことによって、骨盤の歪みに繋がります。

改善方法

・シートに深く座り、背中、お尻をシートにピタッとつける。この時、腰にできた隙間に、タオルやクッションを挟むと腰痛対策にもなります。

・背中をシートバックにつけて、ハンドルの最上部に両手を合わせ、肘が伸びきらない位置でリクライニングを調整する。

・ブレーキペダルとアクセルペダルの中間あたりに足を構える。このようにする事で、足の開きを最小限にでき、歪みを抑えることができます。

おわりに

正しい運転姿勢は、疲れにくくし、腰痛、肩こり、骨盤の歪みを最小限に抑えてくれます。

これから夏シーズンに入り、イベント事も増え、運転する機会が多くなると思います。

皆さん正しい運転姿勢をマスターして、快適なドライブライフを楽しまれて下さい。

 

 

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP