つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

みなさん、こんにちは!

もうすぐ梅雨も明け、楽しい事が多い夏がやってきますね。

また、今年も暑い夏が続く日々になりそうですね。

熱中症予防や日頃からの健康管理に十分に気を付けましょう。

今回は夏バテについてお伝えいたします。

 

◇暑さであらわれる症状

・身体が疲れる(なんとなく身体がだるい、やる気が起きないなどの不調)

・神経の疲れ(ストレスによる疲労で体調を崩しやすくなる。)

このような夏バテを予防するには…….

まず、十分な睡眠をとる事、身体の疲れをほぐすことが大切である。

でも、夏の夜は寝苦しくなかなか寝れず睡眠不足になりがちですよね。

睡眠は消耗した体力の回復に欠かすことはできません。

□寝室の環境を整える

・クーラー使用の場合室内の温度28度に保つ。しかし、一晩中冷房を効かせて

寝る事はあまりよくありません!

※布団をサラッとした肌ざわりのよいものを使用するなど寝心地よくする為に

工夫がいりますね。

□身体の疲れを取る入浴

・暑いからといってシャワーだけですませていませんか?

ぬるめのお風呂にゆっくりつかり新陳代謝を高めましょう。

また、入浴剤を使用しリラックス効果を高めるのもいいですね。

汗をかいたらしっかり水分を取りましょう。

□水分補給で気を付ける事

・常温またはそれに近い温度の水を飲みましょう。

冷たい物を取りすぎる事はかえって体を冷やしすぎ、胃腸を弱らせてしまいます。

・食欲がない時でも水分補給と栄養がとれる野菜・卵スープなどは

ビタミンやたんぱく質を補うことができ夏バテ予防になります。

□栄養バランスに気をつける

・朝食は1日の活性となります。暑さでなかなか食べれず朝食を抜いたりしますよね。

でも、1日3食しっかり食べるように心がけましょう。

・野菜を食べましょう。野菜は1日350gが必要です。麺類を食べるときは具沢山に

するなど工夫しましょう。

・香辛成分(唐辛子・柚子胡椒・キムチ)などは胃液を分泌させて食欲を増進に効果があります。

□適度に身体を動かすこと

・暑いと体を動かすことが億劫になりがちですが、ダラダラした生活は身体のリズムや睡眠の

リズムを乱すことになります。適度に散歩やストレッチするなど、自分の体調に合わせて

運動を心がけましょう。

 

この夏は、いろんなことに心がけて夏バテに負けない身体づくりをしましょう。

そして楽しい夏ライフを送りましょう。

 

 

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP