つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

梅雨が明ければ夏本番のカンカン照り。

夏になると気になるのが日焼けですよね。

紫外線は一年中出ていますが、特に強くなるのは5月~9月

日焼けはお肌の天敵です!

UVケアをおこたるとしみや黒ずみの原因になってしまいます。

しかし、日焼け対策をせずちょこっとならいいかな?と

油断をしてしまい日焼けしてしまうこともみなさんもあるのではないでしょうか?

そこで、そんな日焼けを帳消し出来るアフターケアをご紹介します!

2種類の日焼け

◆サンバーン

皮膚がひりひりと痛む

ひどくなると水膨れが出来ることもある

肌が赤くなる日焼け

◆サンタン

色素沈着をして肌が黒くなる日焼け

しばらくするとポロポロと皮がむける

日焼け予防に効果がある食べ物

・スイカ

夏に体を冷やしてくれるスイカには

日焼け止め効果があると言われている

リコピンという成分を含んでいます。

トマトよりもリコピンを多く含んでいるので

トマト嫌いにもおいしく予防できるでしょう!

・アーモンド

アーモンドにはアンチエイジングに効果があるビタミンEが

多く含まれており、紫外線で傷んだお肌をきキレイにしてくれます!

・ウナギ

夏の風物詩のウナギには滋養強壮はもちろんですが、

日焼けのダメージも回復させてくれるのです!

日焼け後のアフターケア

◆しっかり冷やす!

日焼けした後のお肌は軽いヤケドをした状態になっています。

冷たいシャワーを浴びたり、濡れタオルでしっかりと冷やしましょう。

◆しっかり保湿!

日焼けした後のお肌は乾燥しています。

しっかり冷やした後はしっかりと保湿クリームをやさしく塗りましょう。

◆しっかり水分補給!

日焼けした後のお肌は水分が奪われています。

また、お肌だけでなく、体内の水分も不足している状態です。

保湿クリームで外側から、

水分補給で内側からも体内の水分量を上げましょう。

 

午前10時~午後14時は一日の紫外線量の大半が降り注ぐ時間だと言われています。

また、

曇りの日でも紫外線量は晴れの日の60~80%、

雨の日でも20%の紫外線が降り注いでいます!!!

雨の日がまだ続くこの季節でも油断は大敵です。

毎日のUVケアとアフターケアを心がけましょう!

 

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP