つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

腰痛と一言で言っても、症状は人それぞれですよね。

たしかにそんな症状もあるけど、あの人の症状とはちょっと違うかな。

そう感じる事も少なくないでしょう。

 

そこで今回も、当院を受診された方の症状をお伝えしますね。

 

背景

腰の痛みでお困りの女性。

この方、以前腰の左側の痛みが強く、脊柱管狭窄症と診断されたとのこと。

それ以前も腰の痛みはあり、痛み止めなどを飲んで様子を見ていたが、症状が強くなってきたので受診したところ上記のような診断を受ける。

ブロック注射などで痛みも引いてきていたのですが、今度は逆の右の痛みが強くなってきた。

そのため、ブロック注射を再度数回受け、少し症状が変わってきたかなというところで、当院に来院される。

体操などをしていたが、効いているのかわからないとおっしゃっていた。

 

初診時の状態

・何もしていなくても痛みが出る

・座っているのも痛みが出る

・痛みが強く横になっていられないので、睡眠もろくに取れていない(2時間続けて寝られない、仰向け5分が限界など)

・足を引きずって歩いている

・歩くたびに右のすね、ふくらはぎにまで痛みが出る

・しびれはない

・右のお尻の痛みが一番だが、股関節の前にも痛みがある

・痛みが強く、どこが痛いのかいまいち自分でもはっきりとはしない

 

痛みがかなり強い状態が続いていたのでしょう。

体の緊張はかなりのものでした。

うつ伏せは痛みがどんどん強くなるので、少しの時間しかできません。

さらに横向き、仰向けでもじわじわ痛みが強くなってくるので、座っている方がまだましでした。

 

痛みから少しでも解放されたい、そして再発はしたくないとおっしゃっていまして、少しでも早く楽になっていただけるよう、施術を開始しました。

 

施術

初回は、体の状態を確認するため、いろいろと体勢を変えて頂きましたが、とにかく痛みが強く出るため関節もほとんど動かすことができない状態でした。

右のお尻や股関節、骨盤周囲をまずは動きを出していくことが最優先と判断し、表面を緩め、できる範囲で当院の得意な深層筋へのアプローチを行いました。

 

最初の数回は、筋肉の緊張度合いが変わるので、体の動きが変わり、痛みが移動しながら強弱がみられました。

体の状態を常に説明しながら、このような変化が出ることもご理解を頂き、施術を継続していったところ、2週間たったくらいには3時間眠ることができるようになりました。

筋肉の緊張も大きく変化し、柔軟性も少しずつ上がっていきました。

 

経過

その後も変化は毎回のように出てきました。

約ひと月経過したときには、以下のようになっていました。

・痛みはずいぶん楽になってきた(来院当初に比べると2くらいの痛み)

・仰向けでも寝られるようになり、寝返りしても目が覚めなくなった

・5時間続けて眠ることが出来た

・朝、起きた時に腰の周りが固まっている

・歩くときに膝の力が入りにくい

・足の裏が熱くなるような感じがする

・ウォーキングを始めようと思う

 

当初に比べてたら、ずいぶんと身体が楽になり、体を動かしたいと思うようになってきたとおっしゃっていました。

また、緊張もずいぶんと楽になり、体の他の個所の調子を気に出来るようになってきた、という状態になりました。

 

まだまだ緊張は強いのですが、深層筋の動きが出てきているので、さらなる改善がのぞめています。

 

体は痛みの出ている所だけではなく、様々な場所からの影響を受けています。

そこの動きを出していくことを一緒に頑張っていくことが出来れば、ずいぶんと状態は変わってきます。

 

全く同じ状態であるということは少ないでしょうが、しっかりお体に向き合ってもらうことで、変化は大きく出てきます。

痛みでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP