つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

皆さん、一度は湿布を利用したことがあるかと思います。
薬局でも様々な種類の湿布が販売されています。
しかし、種類がありすぎてどの湿布をどういう時に貼るべきか分からない人も多いのではないでしょうか・・・?
まず痛めている部分に温めるのか冷やすのか、それによって温湿布か冷湿布かという選択が出てきます。

総合病院や整形外科などで処方されれば、言われた通りに湿布を活用すればいいし、一先ずは安心ですよね。

しかし、ちょっとやそっとの痛みで病院に駆け込むわけにはいかないというのが現状です。
薬局にいき、市販のもので済ますことの方が多いのではないでしょうか。
そんな時にある程度の知識があると幾らか安心ですよね。

頭痛薬や胃薬、整腸剤などは大まかには分かりやすいですが、体の痛みによって違う湿布は何が1番いいのか、何が必要なのか分かりません。

〈湿布の種類〉

湿布には、大きくわけて2つの種類に分かれます。
パップ剤とプラスター剤です。

パップ剤とは、温湿布・冷湿布のことで、水分を多く含んでいます。
シップと聞くとよく思い浮かべるであろう白くて厚みのある、剥がれやすいものです。
冷湿布は水分が蒸発しながら患部の熱をとってくれます。
温湿布はトウガラシエキスなどの成分により徐々に温められます。

プラスター剤とは、水分も含まず冷却能力はありません。
茶色のテープのようなシップのことです。
鎮痛剤の成分が含まれており、痛みや炎症を抑える働きがあります。
プラスター剤は急性の痛みというよりは慢性的な痛みに適しています。

〈急性なのか慢性なのか、痛みの違いがポイント〉

そもそも急性の痛みと慢性の痛みの違いとは?

急性の痛みは発熱や浮腫により血管透過性を抑制されている状態にあります。
なので患部を冷やすことで発熱や浮腫など原因となるものを取り除く必要があります。

それに対して、慢性的な痛みというのは、大体発熱や浮腫などは引いていることが多いのです。
なので冷やす必要はありません。
では、何が痛みの原因かと言うと、老廃物や炎症生産物質などによる血行不良です。
腰痛や肩凝りといった慢性的な痛みでは、患部を温めることで血管を拡張させて、血流を増加させることが必要とされるのです。
温めて血行不良を解消し、老廃物や炎症産生物質の吸収の促進が目的とされるのです。

スポーツをしていた方などは耳にしたことがあるかもしれませんが、ケガをした際に「冷やしてダメなら温めろ」という人がよくいます。
急性・慢性は置いといて、痛みにはこのようなメカニズムがあるので冷やすか温めるかという選択肢があるのです。

〈パップ剤とプラスター剤の大きな違い〉
パップ剤の湿布には温湿布・冷湿布の二種類が揃っています。
では、プラスター剤とされる湿布の出番はいつなの?という話ですが・・・

実はパップ剤の冷湿布と温湿布は、温かかったり冷たかったり感じるのですが、最終的にはどちらも温度を下げるもので、冷却効果が特徴なのだそうです。
そしてプラスター剤は反対に保温効果があるのです。

〈幹部を温めるか冷やすのかによって使い分けましょう〉

冷湿布・温湿布はハッキリとは言いきれませんが、含まれている成分や目的などはほぼほぼ同じなので、その人の好みで利用してもいいということです。

パップ剤の温湿布のおかげで少し複雑なようにも感じますが、パップ剤は冷却効果、プラスター剤は保温効果のあるもので、用途としては、熱を伴う急性の痛みには冷やすための温湿布・冷湿布、慢性の痛みには温めるプラスター剤の湿布か、場合によっては温湿布を使用するということです。

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP