つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

今ではいろんな情報がインターネットで調べることができるようになり便利になりましたね。

当院へご来院される患者さんも、ご自身の症状についてとても詳しい方々も多くいらっしゃいます。

それはもちろん知りたいですもんね!

 

でも中には病態や症状を知って、半分お身体について諦めている方もいるように感じられます。

 

そこで今回は、有名なヘルニアと脊柱管狭窄症について、ちょこっっっっっっっとだけお伝えしますね。

 

腰痛が起きてから・・・

腰の痛みが強く出たり症状が続いていくと、さすがに辛いですし不安になってきますよね。

画像診断の結果、ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断が下ります。

私もヘルニアと診断されたときには、マジか!?てなりました。

 

そこで治療をすると、症状が改善されたりされなかったり。

当院へ来られる患者さんも、痛みが引かなくて、とか、一回良くなったんだけどまた痛くなっちゃって、

とおっしゃいます。

以前、病院でこう診断された、とか、最近ヘルニア(脊柱管狭窄症)と言われてまして。

という方、少なくないですね。

もちろん他の疾患の方もいらっしゃいますが。

 

さーて、どんな感じだろうかな!となるわけです。

 

ところで・・・

ご存知の方も多いと思いますが、ここでヘルニアと脊柱管狭窄症について、かなりざっくりと説明しておきますね。

 

ヘルニア

元々でっぱるとかそういう意味があります。

背骨には椎間板というクッションがあって、その中にゼリー状のものがいるのですが、何かの拍子に外に出ちゃうことがあるんです。

それが神経を圧迫していろんな症状が出るのが椎間板ヘルニアです。

腰で起これば腰部椎間板ヘルニア、首で起これば頚部椎間板ヘルニアと言います。

 

つまり背骨の所で何かが出ちゃって、体の調子が悪くなってるってことです!

 

以前は手術が行われることも少なくなかったですが、最近はそうではないようです。

外に出ちゃったものは、体に吸収されるのでなくなりますよーというふうになってきているようですよ。

 

脊柱管狭窄症

背骨には骨のトンネルの中に神経の通り道があります。

そのトンネルが狭くなってきて神経を悪さし、症状が出るのが脊柱管狭窄症です。

ざっくりとしすぎている説明ですが・・・

代表的な症状として、数百メートル歩くと一回座って休憩しないと歩けなくなる。でも少し休憩するとまた歩ける。でも結局またちょっとしか歩けない。

といったものです。

 

 

当院では・・・

話は戻りますが、このようなお悩みでご来院をされましたら、

まずはお話を聞いて、お体の状態を確認します。

そうするとヘルニアや脊柱管狭窄症といわれる方のほとんどが、腰回りや股関節周囲の動きが大変悪くなっていることに気づきます。

ホントびっくりするくらいに。

そして、ご自分のお身体の動きが悪くなっていることを自覚されていない方も多くいらっしゃいます。

 

私たちはヘルニアや狭窄症といった症状をみることはできません。

ですが、痛みの出た原因を聞いていくと、実際にヘルニアや狭窄症はあるのでしょうが、

今お悩みの痛みの原因がそうではないところにあることが少なくありません。

むしろ、そのほかの方が多いのではないかなと。

 

私たちは、特に筋肉に特化してアプローチをしていきますので、今の痛みの原因がそこにある可能性が高いです。

 

 

事実

当院を受診され施術を続けた患者さんは、痛みが改善しております。

 

歩くときに足を引きずるようになってしまう

身体が傾いてしまう

起き上がる、寝返りがつらい

足がしびれている、膜があるような感じがある

身体が軽くなった

長時間歩いても座らなくてよくなってる

長時間の買い物についていけるようになった

旅行に行けた

長い時間車に乗る不安が減った

などなど

 

全て患者さんの生の声です。

ごくわずかの、ほんの一部しかお伝え出来てはいませんが。

お困りだった症状が楽になっているのです。

 

ヘルニアや脊柱管狭窄症でお悩みの方。

また、それ以外でもお身体でお悩みの方。

まずは一度、ご相談くださいませ。

誠心誠意、対応させて頂きます!

 

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP