つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

今年も梅雨に入りようやく雨が続くようになりましたね。ジメジメとした空気の中で洗濯物の乾きが悪かったり、「頭痛」や「めまい」「何もやる気が起きない」といった症状に精神的・肉体的に悩まされてる人も少なくありません。

特に気圧が低くなることで悪化することが多い傾向にあります。なぜ、梅雨時期にこのような症状がでるのか?どのような対策があるのか?紹介していこうと思います。

どうして頭痛になるの?

梅雨に限らず雨の日や台風になるとズンズンとした痛みが頭に響き渡るように痛みが出ます。飛行機の中でポテトチップスやペットボトルを見て驚いた経験はないでしょうか?気圧の低い上空に行くことによりパンパンに膨らんでいますよね?

同じように気圧が低くなると血管も膨らむんです。たくさんの血管が頭の中にはあり、膨らんでドクンドクンと脈を打つように神経を圧迫してしまいます。体の多くは水分であるため、気圧の影響を大きく受けます、気圧が低くなり体の中の水分の循環が滞り血液の流れが悪くなることが雨の日の頭痛の原因と言われてます。

また、意思と関係なく働いている自律神経にあるとも言われています。自律神経には、身体の活動を高めてくれる「交感神経」と身体を休息させる「副交感神経」があります。日中や運動をしている時などは交感神経を優位にし、肉体的にも精神的にも活発に活動させる状態になります

反対に副交感神経は体がゆったりしている時に強く働きます。例えば食事中や睡眠中は気分を落ち着かせるのが基本です、その時に働いているのが副交感神経です。雨や気圧の急激な変化によって自律神経のバランスが崩れ、頭痛がでたり落ち着かなかったり、起きてる間に副交感神経が働いてやる気が出なかったり、だるくなったりするといわれてます。

つらい時どうするべきなのか

元気な状態になりたいと思うので、対処法を紹介しておきます。

深呼吸

まずは、深呼吸をするようにしてください。体内の酸素の量を多くすることで血液の流れを良くしてくれます。

軽い運動

あと、軽い運動を行うようにしてください。体を動かすことでリラックスした状態から抜け出して交換神経を優位にします。

光を浴びる

体を動かすことが辛い場合は、「外に出る」「部屋を明るくする」などをして光を取り入れるようにしてください。

光を浴びる事でもリラックス状態から抜け出すことが出来ます。

雨でもいいことが

梅雨の時期は気持ち的にも沈んでしまいがちですが、雨にもたくさんいいことがあります。

雨に限らず、風の音や波の音など自然界の音には、人間には聞こえない超音波が含まれていて、その音によって癒しの効果があるようです。実際に、雨の音でリラックスさせるアプリなども最近は出てきています。

あと、脳波をアルファ波にするようで集中力が増したり疲れを癒したり、効率が良くなり生産性が上がるみたいです。

買い物や洗濯物が干せず、ストレスが溜まってきたら、無理に活動的に過ごすのではなく、外の雨の音だけに耳を傾けるのもいいですね。

このように雨にもプラスのことも色々あると思うのでマイナス面だけに目を向けるのではなく、プラス面にも目を向けてみるといつもの景色が変わり、生活が楽しくなるかもしれませんね。

 

 

 

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP