つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

12月ももう後半に突入し、今年も残りわずかとなりました!!

みなさま、良い一年を過ごせましたでしょうか?

最近、街に出るとイルミネーションでキラキラしていました!

買い物に行ってもクリスマスソングが流れていて

家にいてもテレビをつければCMでクリスマスケーキの予約が流れたりと

世間はクリスマス一色でわくわくしますねっ★

 

さてさてお話は変わりまして、今日は

そんなクリスマスには欠かせないクリスマスケーキなどの糖分について

お話しさせていただきます!

糖の影響はどんなもの?

糖質は、脳に栄養を与えてくれます。

集中力などを維持させたい時など、

皆さんもチョコレートなどを食べることがあるのではないかと思います。

私たちの毎日の大切な栄養である糖質。

しかし摂りすぎた場合、内臓脂肪となり体にいろんな悪影響を及ぼします。

糖質を過剰に摂らなければ、体に良いものなのですが、

摂りすぎると、お肌の老化を引き起こしたり、

高血圧、脳卒中、糖尿病などの怖い病気になり、

体をどんどんむしばんでいきます。

知らぬ間に過剰摂取!

糖は食べて甘く感じるもの。ではないのです!!

お米やイモ類に含まれるでんぷんも糖質です。

ケチャップ、マスタード、パン、炭酸ジュース、日本酒、ビール、

カレールウ、かまぼこ、お寿司、ドレッシング、冷凍食品など

皆さんが普段から食べているものにもたくさん入っています!

なので、サラダなどヘルシーなものを食べているとしても

ケチャップのかけすぎやドレッシングのかけすぎは知らない間に

過剰摂取をしてしまっていたりするのです。

糖質が少ない食材をうまく活用しよう!

糖質の少ない食材は、

こんにゃく、大豆製品、アボカド、海藻類、お肉類、ナッツ類、お茶、

キャベツ、大根、ゴボウ、レタス、ホウレンソウ、きのこ類などです。

ドレッシングは市販の物でなく、

自家製で塩・ブラックペッパー・レモン汁・オリーブオイルで作ると

結構おいしくておススメです!

 

クリスマスが終わればお正月、

おせちにもたくさんお砂糖が使われていますし、

おもちを砂糖醤油や、きな粉、ぜんさいで食べる方も多いと思います。

糖質をいつも以上に摂る機会が増えるこの季節、

みなさんも少し気にされてみてはいかがでしょうか?

 

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP