つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

皆さんこんにちは!

最近夜はグッと寒くなってきましたね!

いよいよ冬に突入してきたなーと感じています。

また、テレビではスポーツが夜中に

中継されていてどうしても観てしまい

寝不足が続いている今日この頃です…。

お昼間眠気に襲われ、

午後からの業務に支障が出てしまうなんてことがしばしば、、、

と言いたいところなんですけれども‼

私はお昼寝タイムをお昼休みにとる事で

午後からも元気に過ごせています。

今回のブログは、

私が実践しているお昼寝の紹介をさせて頂きたいと思います。

お昼寝の効果

◆ストレス解消

◆記憶力、集中力のUP

◆認知症予防

◆心臓病、脳卒中の予防

1時間の昼寝は、夜の睡眠の3時間分にあたると言われているそうです!!

お昼寝はとっても重要みたいですねっ

お昼寝のコツ

①眠る前に一杯のコーヒーを!

コーヒーに含まれるカフェインは

眠気覚ましに効果があるのは有名ですよね!

コーヒーなんか飲んだら眠れないんじゃない?

と思っていましたが、

調べによると、カフェインの効果は摂取してから

約30分後に表れるそうで、

眠るときはあったかコーヒーで眠りを促進させ、

30分後に効いてくるカフェインの効果でスッキリ目覚めるのです。

②時間は10分~20分が最適!

この時間を守れば

脳を程よく休ませることができ、目覚めよく起きることが出来ます。

また、お昼寝したから夜なかなか寝付けないという事もないそうです!

ただし、30分を超えるお昼寝をしてしまうと、

ぼんやりとしてしまったり、倦怠感が出たり、

夜の眠りまで妨げてしまうので注意しましょう!!

③タイミングはお昼ご飯を食べた後がベスト!

お昼ご飯を食べた後は、食べたものを消化しようと

血液が胃に集中することで、

頭に血がまわりにくくなり眠たくなるそうです。

ちょうど眠たくなるこの時間をお昼寝に利用しましょう!

私も実践したところ・・・ハマった!

私自身、学生時代は遅寝遅起きで

休みの日は午後の12時を過ぎてからもお布団から出てこない

という生活をしていました(笑)

社会人になってからは早起きの仕事に就いたこともあって、

自然と早起きを出来るようになりました。

が、お昼からとてつもなく眠いのです!!!

休憩中からの眠気をそのまま仕事に持ち込んでしまっていたので

集中して業務することが出来ませんでした。

そこでテレビでやっていたお昼寝をすることを試してみたわけです。

すると、思ってたよりも目覚めはスッキリ!!

午後からの仕事も集中できる!!

気持ちもなんだかプラス思考になった気がする!!

など、いいこと尽くしでした!!

 

いかがでしたか?

夜は0時過ぎてからしか眠れない、日中だるくて集中できない、

という方はぜひお試しいただきたいと思います!!

お昼寝、おすすめですよっ♪

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP