つらい痛みを根本改善。菊陽町で評判の「きくよう整骨院」

あっという間に8月に入りましたね!

7月もかなり暑かったですが、8月は夏本番の暑さが予想されます!

メディアでも熱中症で緊急搬送というニュースがたくさん取り上げられていますよね。

怖い怖い…

そんな中、大活躍なのがクーラーですよね!!

暑い夏は冷房を入れて快適に過ごす方も多い事でしょう。

しかし、30度を超える外から、冷房が効いたスーパーなどに入ると

寒っっ⁉と感じること皆さんも経験があるのではないでしょうか?

外との気温差で体調を崩してしまう方も非常に多くいらっしゃいます。

そこで、適切な冷房の温度を調べてみました!

クーラーの適温

夏場なら目安としては、

外との気温差がマイナス5℃~6℃くらいに設定するのが適温

と言われております。

(例…外の気温33℃なら、エアコン設定温度27℃)

気温差が大きすぎると、体調を崩しやすくなったり、ダルさが出たり、

血行が悪くなり、腰痛などの症状が悪化してしまうこともあるのです。

なので、外が暑いからと言って

20℃にガンガンに冷やす設定温度は体の為にも控えましょうね!

除湿をうまく使いましょう

熊本の夏は、湿度が非常に高いですよね。

汗をかいていなくても、肌の表面がベタベタしてしまいます。

水分が皮膚の表面から出ないことで体の中に熱がこもったままになり

火照ってしまいます。

そんな時は、冷房だけじゃなく除湿を使ってみてはいかがでしょうか?

湿度が15%下がると、体感温度は1度下がる

と言われています。

乾燥しすぎると夏風邪をひいてしまいがちなのでほどほどに!

それでも寒い、暑い場合は?

男性はクーラーがガンガン効いた部屋にいても汗をかいて、女性は

寒くて震えていたりしますよね。

そんな、女性は男性よりも寒がりな方が多い理由として

それは、男性より女性は皮下脂肪が多いことが挙げられます。

冷房の設定温度が変えられない場合は、

カーディガンをすぐに羽織れるように準備をしておきましょうね!

また、温かい飲み物などを用意してみるのも良いでしょう!

大切な3つの首

人間の体には、冷えの影響を受けやすいところがあります。

それは…

首・手首・足首

です!

皆さんもなんとなーく聞いたことがあると思いますが、

この3つの場所を温めるだけで体感温度が大きく変わってきます!

首を温めることで、血行も良くなり肩こり改善につながることもあります!

ストールや靴下などをうまく活用しましょう。

まとめ

夏は暑いだけではなく、突然の夕立で体が濡れて

冷えてしまったりと、意外と寒いと感じる事は多々あるのです。

外の気温の事ばかり考えて服装を決めるのではなく、

体を冷やしてしまった場合の事も考えて一枚羽織を持ち歩くなどの

対策をされてみてはいかがでしょうか!

これで暑い夏を乗り切りましょう!!!

 

菊陽町/光の森で人気の整体なら「きくよう整骨院」 PAGETOP